コンサバ主婦のひまつぶし

国際関係とか動画の感想とか。

組織思考から抜けられない男と、極道の女💃(深層NEWS 2017/9/29, prime news, ユアタイム 2017/9/28)

2009年以来の激震が走っているのが気になって、エルドアンさんの記事ほったらかしにして衆院総選挙の速報(主に魔女情報)に貼り付いてます。

このBlog↓を書いた後にもすごい情勢が動いてもう釘付け。

konsabashufu.hatenablog.com

希望から出たらいいのになぁって思っていた杉田水脈さん自民から出馬されるそうで。

おめでとうございます〜💓

個人的には希望から出て頂きたかったので(少しでもまともな野党になってほしいという意味で)ちょっと残念ですが、ご本人の代議士としての将来を考えたら自民党の方が良い選択だと思うのでお祝いしたいです。


いくつかニュースを観た中で今回の構図、或いは小池百合子という人物を分かる為に一番良かったのが、

2017/9/28のBSフジのプライムニュース

渦中の希望の党党員、元民進党細野豪志さん

2017/9/28のフジテレビユアタイム

民進党の解党を決めた男、民進党代表前原誠司さん

2017/9/29の日テレ深層ニュース

小池さんを取材して日本初の女性総理大臣を書いた小説を書かれた作家、幸田真音さん

のお話が興味深かったです。

 

 

細野さんはやっぱりモナ男のイメージが強い(特に、議員パスで新幹線旅行してたのがケチくさくて最悪だと思っていました。←モナは仮にも美人な女子アナなのに五反田とか議員パスとか買い叩かれすぎですよ)ですが、ここで三浦琉麗さんと対談されているのを見て、

www.houdoukyoku.jp

「???この人けっこうまとも???」(なんで民進に居残っているんだろう?)

と思っていたのですが、その数ヶ月後に離党され、離党されてからの対談で見ても、受け答えが本当に普通で、

www.houdoukyoku.jp

「やっぱりまとも(?)」

と思いました。

「なんで民進党なんていうまともでない野党に残っていたんだろう???」

でも、このプライムニュースを見て理解しました。

細野さんは安保法制の対案を引っ込めたことについて、このように語っていました。

細野豪志「ぼくは当時政調会長で、対案を作って当時の岡田代表に持って行き、これで党首討論をしてください。そこから自民案との妥協点を探っていきましょうと言ったんです」

反町さん「なんで辞めたんですか?」

細野豪志「代表が、その必要はない。安保法制には反対。それでいいと議論に乗せることを拒否された。代表がそう言われるなら仕方がないと思って引っ込めたんです」

細野さんは男性なので、組織の論理で動いている。

それで、このどう考えても意味不明な民進党前原現代表の行動も理解できました。

mainichi.jp

民主党時代からそうですが、民進党はほとんどが二世・三世ではない一代目議員です。父・祖父からの支持母体や講演会などのしがらみはないかもしれませんが、言ってみれば浪人したときに縁故で会社に役職をもらう(安倍さんが顧問を務めていた加計学園について延々突くのは、そういう嫉妬もあると思う)だとか家屋敷だとかそういった財産がなく、選挙に落ちて議員を失職すれば即失業のサラリーマン議員なんです。

前原さんも細野さんも、民主党という政党には愛着があったでしょう。

政権を取り、役職に就き、いい思い出もある。

でも、共産党と一緒になって政治の邪魔者なだけだった民進党には愛着も忠誠心もない。でも、二人には一緒に選挙を戦ってきた家族がいて、議員を辞めたら生活基盤を失う

「自分が今、党の看板を外せばどうなるのか」

そう思って彼らは離党を躊躇ったし、

「看板となるべき党を失った党員たちは、家族は、生活はどうなるのか?」共産党との共闘を冷めた目で見ていた前原さんには、最早民進党の看板が選挙に受かるのにマイナスにしかならないことを分かっている)

細野さんはプライムニュースでこうも言っていました。

「僕たちの希望の党には、議員になりたいと思って、選挙に出るためにもう会社を辞めて準備している人もいるんです。民進党がなくなったからお願いしますと言ってどっと来られても、既に選挙区も事務所も用意して人生を賭けてる人に民進党から人が来たから公認取り消しますとは言えない民進党を丸抱えする訳にはいかない。僕たちは全く新しい党なんです」

政策なんかとは全く関係ない部分ですが、彼の民進党をなかなか離党しなかった理由(元秘書が民進党公認で地方議会に出馬したとかいうことがあったと記憶している)がよく分かる、組織の男としての典型的な感覚・考え方だと思いました。

と思えば前原さんは、小池さん(という選挙に有利な看板)に縋って、自分が生活を預かっている議員の次の転職の世話をしてあげなければという義務感から党員を託し、残った参議院議員たちの今後の世話をする為に彼は残るという選択をした

前原さんも細野さんも国民の代表である国会議員としては行動が意味不明だけれど、民進党という組織の一員としては組織の論理に非常に忠実であり、模範的であるのだと思います。

東芝を潰した社員たちのように。

 

一方で小池百合子という類稀な権力欲を持つ女性については、既に所属政党が8個目になります。

小池さんに取材して女性総理大臣の小説を書かれた幸田真音さんは深層ニュースでこうおっしゃっていました。

幸田さん「石破さんなんかは一度離党して出戻ってから総裁選に出たけれど、やはり一度離党した人は信用がないと評判が悪く、安倍さんに負けた

キャスター「それで行くと小池さんは次々に党を変わっていらっしゃいますよね?」

幸田さん「そこは小池さんのすごい手腕があるんです」

キャスター「どんな手腕なんでしょう?」

幸田さん「あの方っていうのは、日本新党のときは細川さん、新進党自由党のときは小沢さん、小泉政権のときは小泉さんにくっついておられたというかそういう方なんですね」

キャスター「くっついておられたというのは、小泉さんに夜中に弁当を届けたとかいうあれですか」

幸田さん「ああそんな感じで…」

あっ(察し)

 

小池百合子にとっては党を乗り換えるっていうのは男を乗り換えるのと同レベルなんだなぁ。

党ですら乗り換えるんだから、音喜多都議やら若狭さんやら細野さんやら前原さんまで、周りの男どもを

靴どころか、ストッキングレベルの脱ぎ捨て

でポイポイ投げ捨てるのも納得です。

小池シンパじゃないけれど、彼女の不用品切り捨ては潔くて気持ちいいですよね。

使い捨て・乗り換え・切り捨てのサイクルが早いからこそ、彼女の政権の持続性が危うくなるわけですが。

菅・野田元首相に加え、辻元清美の入党をハネた小池百合子の英断は全力で支持します!

 

幸田さんが安倍さんに干されていた小池百合子にインタビューされた際、

「政治家っていうのはね、何かしようと思ったら、権力がなくっちゃダメなの」

とおっしゃったそうです。

次々に親分を乗り換え、次はこれだと思って石破茂とかいうブサイクにくっついてたのに当てが外れ、安倍さんに干されて呆然としていたらしいです。

 

「日本のsexismがわたしを都知事にした」

BBCに語る小池百合子

www.youtube.com

この人は成功した女性として取り上げられていますが、少しもフェミニストではなく、

単純に言えばセクシズムを逆手にとってのし上がってきた女なんですよね。

セクシズムでのし上がってきた女が不倫男やセクシストな中高年男を次々に足蹴にしていく様子は、寧ろ、フェミニストよりもセクシズムで虐げられた中高年女性にこそ気持ちがいい。

 

そういう背景を知って読むとこの対談↓もまた違う味わいがありますね。

gendai.ismedia.jp

石原伸晃氏率いる自民党都連や石原元都知事への執拗な攻撃も、選挙戦中に

「厚化粧の大年増」

と言われたことへの女の執念じゃないかって言われていましたよね。

かつては親分を渡り歩いた極道の女としては、そりゃあ、三世議員のボンボンの容姿も能力も劣る(お歳ですけどお綺麗だし、追及を煙に巻く不思議答弁力は弁護士資格持ちのぶりっ子おばさんよりあると思う)お利口さんチアリーダーにお株の女性大臣のポストを取られ、干されたら自民党にいる意味がないよね。

 

小池さんは政策や綱領がふわっとしていて都知事になって、あるいは総理大臣担ってやりたいことのヴィジョンが見えないという批判がありますが、なんとなく小池百合子都知事Twitterから、百合子ヴィジョン(?)的な写真を拾ってきました。

アブダビの経済開発庁長官と↓

f:id:konsabashufu:20170930153443j:plain

UAEの青少年の皆さんと↓

f:id:konsabashufu:20170930153459j:plain

都庁でオマーン国会議員御一行の表敬訪問を受ける小池百合子

f:id:konsabashufu:20170930154356j:plain

f:id:konsabashufu:20170930154425j:plain

サウジのMbSと迎賓館で面会↓

f:id:konsabashufu:20170930154704j:plain

サウジのサルマーン国王と迎賓館で面会↓

f:id:konsabashufu:20170930155206j:plain

英国外務大臣ボリス・ジョンソンと↓

f:id:konsabashufu:20170930153726j:plain

本当、楽しそうだし生き生きしてらっしゃるよね。

小池さんのことは好きじゃないですが、アラビア語が出来る政治家っていうのは特別だと思うし、かなりの独裁者で苛烈なキャラですが女帝の貫禄もあるし、世界の男性指導者とキャッキャウフフするのに適性はあると思います。

(国のことを考えるとすごく危ういけど、絵にはなる😱) 

「今は、都知事としての仕事をしっかりとやっていきたい」

の意味は、政権が取れると思えば彼女は出馬するけれども、取れないと思えば都知事の方が平の国会議員よりはずっと、外交というか、海外からの賓客への応対の仕事などが出来る。

 

今回の総選挙のこの大誤算は、安倍さんにとっては自業自得ですよ。

こんな毒々しい熟女が、アッキーみたいな敬虔なカトリックのお嬢様と結婚している安倍さんの手に負えないのは分かるけれど、望むらくは彼女を外務大臣、いや、外務副大臣でもいいからポストを与えて、お得意の英語やアラビア語を使うフェロモンBBA枠で海外のボス猿たちと戯れさせてあげていれば良かったのになぁって思います。

8月の内閣改造野田聖子総務大臣にしたのはその辺の反省かなと思いますが。

野田聖子は、総務大臣になっていなかったら自民離党して小池新党に合流してた可能性があると思う。)

konsabashufu.hatenablog.com

「わたしを干した安倍晋三を許さない」

って女王蜂の最後のひと突きは安倍政権に致命傷を与えることは出来るのか?

 

希望の党小池百合子の風が止まるとしたら、彼女の顔に疲れが出て、

BBAが見てうんざりするBBA顔

になったときかなぁと思います。

オバちゃん層はギラついてる小池百合子は好きだけど、

自分たちと同じようなしなびたりだぶついたBBAには投票しないと思うので。

 

自民党の進次郎を表に立てる戦略はかなりいいと思います。

稲田元防相の件でオバちゃん層に総スカンの安倍さんが出るよりも何故かオバちゃん受けする進次郎を表に立てて戦う方が有効だと思う。