コンサバ主婦のひまつぶし

国際関係とか動画の感想とか。

ネトウヨにこかされる?足立康史の大誤算👻:衆院選総括⑥-1(足立康史『橋下徹氏の激昂の理由』の嘘)

一緒にネトウヨ御用達番組に連れ出した歳下の同僚議員の窮地に橋下氏の太鼓持ちをした上に

「愚直に!維新!」

とか言ってる自称アホ、足立康史議員が炎上しています。

その炎上の様子を見ていると、足立氏の『ネット支持者は最悪』であり、橋下氏の言っていたこと↓が正しかったことが一目瞭然だなぁと思わずにいられません。

橋下徹さんはさすがの慧眼です(サイコパスだけど😓)。

さて、Twitterでの炎上を受けて足立議員は、橋下徹氏の怒りは『我が意を得たり』であるとして、支持者向けにTwitterに次のような投稿をしました(下↓はTweetをまとめたアゴラ記事)。(あくまでTwitterな足立クォリティ😩)

agora-web.jp

ブロゴスがこちら↓(内容は多分アゴラと同じです)。

blogos.com

曰く、

第一に、橋下さんは一貫して「二大政党」が切磋琢磨すべきと主張されてきましたが、野党が体たらくで実現のメドが立っていないから、第二に、その「野党が体たらく」の原因が国会議員の“勘違い”にあるから、第三に、“勘違い”国会議員が民主系4会派に加え維新の会にもいたから

彼は、野党の体たらくの原因として、

(1)第一の理由 失政を正しく総括し反省した形跡なし
(2)第二の理由 質問時間は野党のものという“勘違い”
(3)第三の理由 国会議員だけで決めるという“勘違い”

の三つを述べています。

 

これは、本当でしょうか?

 

わたしは足立議員が

自分自身が『勘違い議員』に含まれている

ことを棚上げして本題への注目を逸らす為の嘘だと思っています。

そして、彼は確信犯で嘘をついていると考えています。

別に、足立議員の嘘を糾弾するつもりはありません。

政治家というのは嘘をつくものであり(橋下徹氏も含め😅)、嘘をつくのが巧いことは政治家としての力量の一部と言っても良いでしょうから。

今日は、以下にその理由を書きます。

 

 

 

なぜ嘘だと思うか?

足立議員の説明では、橋下徹氏の以下の二つのTweetに対する説明ができないからです。

橋下氏の言いたいことは二つに集約されています。一つはアゴラのまとめで足立議員も言っている、

  • 国会議員の『永田町病』『野党の体たらく』の三つの理由など

もう一つは、

です。

国会議員の仕事というのは本来、現在の国際状況で日本が如何に生き抜いていくべきか。という国家観が必要です。

在特会のような内向きの国際感覚在日外国人〜せいぜい特亜までしか考えられないネトウヨ)では、建設的な議論は出来ません。

自称保守系議員は国会で在日コレアン叩き・韓国叩き・「南京大虐殺はなかった」と発言することでネトウヨからは拍手喝采を浴びるかもしれないけれども、日本の国際的なプレゼンスがそれで上がるわけじゃないんです。

そう、そもそも橋下氏の、『国会議員の永田町病』『在特会まがい』って、銀座で呑んだくれて元祖国壊議員辻元清美の悪口をネットで拡散し、選挙中にこんな本↓出版した足立議員に対して言うべき言葉でしょ?

足立さんがTwitterで橋下氏に同調していたのは、怒りの矛先が丸山議員だけでなく、足立議員にも向いていたからじゃないかなぁと思います。

全力で命乞いをしていたわけ😅

ほだかくん曰く、

Twitterでは橋下さんに同調して自分を叩いてるのに電話では優しくて態度が全然違い、信用できなくなった」

らしいし。

橋下氏は元々丸山氏のことを腹に据えかねていた(維新の党時代江田憲司氏と近く、裏切り未遂があった(?)り、この記事↓に書いたように、面と向かっては何も言えない割にはネット弁慶で生意気な言動したり個人的に嫌いだった(?))ので、たまたま丸山氏に対して爆発しただけだったと。

konsabashufu.hatenablog.com

橋下氏が激昂して言った

「ネット支持者も最悪」

は、要するに、Twitterで足立議員や丸山議員をチヤホヤしているようなネトウヨ層は支持者としては最悪だという意味だと思います。

一言断っておきますが、わたしはこんなエントリー↓を書いている通り、左翼は嫌いです。

konsabashufu.hatenablog.com

国壊議員を自称したり、

国会議員って言うのは、国民の生命と財産を守るといわれてるけど、私はそんなつもりでなってへん。私は国家の枠をいかに崩壊させるかっていう役割の、“国壊議員”や! - Google 検索

togetter.com

戦艦大和を敵扱いする辻元清美は反吐が出るほど嫌いです。

www.asahi.com

が、報道特注(当時は『報道特注(右)』)というネット番組で足立議員が他の出演者と辻元議員の悪口を言っていたとき、

「これは駄目だ」

と思いました。

仮にも隣の選挙区の、逮捕歴があるにもかかわらず(多分小選挙区で)勝ってる議員を叩くということのリスクが分かってないのかな?と思ったからです。

わたしは実は学生時代に当時社民党にいた辻元さんに会ったことがあります。

ピースボートに熱心にオルグされて、特にご縁はなかったんですが、当時からうちの父は毛虫のように彼女を嫌っており、家でそのことを話したら、

「あんな奴と話すな」

と怒られたことを覚えています。辻元さんが逮捕されたときに、

「ほら見ろ」

と言われましたが、わたしが話した感じでは、熱心な活動家のお姉ちゃんという感じで、特に悪い人だとは感じませんでした。

自分の経験から、国会中継やネット番組の報道特注を見ている層は辻元さんを批判すると喜ぶかもしれませんが、生の辻元さんしか知らない地元の支持者というのは、足立さんの執拗な悪口の方を不快に思うんじゃないかと思いました。

しかも、そういう辻元さんを生で知る人たちがいるだろう隣の選挙区の選出なのに、不用意すぎると思います。

悪いことをしていることを、批判するのは大丈夫だと思うけれど、足立議員が言った

「辻元に抱きついて自分も沈む」

とか

なんの為に?

って思いますよ。

左翼議員一人潰すよりも国益に繋がることってないの?

って。完全にネトウヨへのリップサービスだったし、自分の道を間違えてると思ったな。(しかも向こうは選挙区通って自分は選挙区落ちてるし😓)

安倍政権の特徴は左派バッシングだと三浦瑠麗さんがおっしゃっていたんですが、確かにその面があって、安倍首相はよく、保守速報(?)やアノニマスポスト(?)でニュースになっているようなことをメディアで発言します(「イヤホン大丈夫?」↓とか)。

www.youtube.com

これもね↓。

www.sankei.com

わたしからすると両方とも馬鹿かと思いますが、まあ、安倍さんは控えめに言ってネトウヨでしょう。(国家ビジョンは『美しい国』)

ネトウヨっていうのは

思想も政治理念もないとにかくタカ派の反・左翼(by古谷経衡氏

のことらしいです。

が、与党は質問時間も短く、政権側から左派を叩くとメディアに叩かれるので表立って叩けない。

→維新という第三極が出てきて、

野党の立場から反アベしかない野党を叩く

→(安倍首相を含む)ネトウヨ拍手喝采

分党して勢力の弱まった国会維新はそういう空中戦術に走り、それをてこに露出を上げようとした。

が、維新に『まともな野党』としての働きを期待するわたしのような者は、安倍政権を批判する左派野党を叩いてネットで喝采するような層はどうせ自民党に入れるんだからやっぱり政策で支持されないとダメだと思うわけです。

ネットの喝采が気持ちよくて勘違いしてしまったかもしれないけれど、国会維新のネトウヨ戦術はネトウヨじゃない一般有権者

与党批判しかできない野党はいらないけど、与党ヨイショと野党批判しか出来ない野党はもっといらない

と思われてしまった。

大阪維新の会の実績を実感している大阪府下以外の維新票が激減した」

という橋下氏の総括はそういう意味だと思います。

実際、足立議員自身もビジネス保守番組『報道特注』の危うさに気づいていた節があります。

 上記の引用Tweet↓

 

橋下氏の言う、『最悪な支持者』というのは報道特注で足立氏や丸山氏を知った個人の『ファン』であり、政治や政策に全く興味がないんです。

『最悪じゃない支持者』というのは維新にこういう期待をしていて、安易な右派ビジネスで一般的な支持者を失うことを懸念していると思います。

極端な方では、こんな方↓もいます。 

 

 

わたしがほだかくんだったら、思いとどまって維新に残っても、可愛い後輩を切って崇拝する上司に命乞いした先輩は、許せない(というかもう信頼できない)と思う。

逆に、わたしが足立さんだったら、

「率先してネトウヨ媚びして維新の名に傷をつけたのは自分です。ごめんなさい」

とは死んでも言えない(教祖様のサイコパスぶりを知っているから)。

関係修復は難しいと思うけれど、ほだかくんが憎いわけじゃなくて教祖様が怖いだけだから、ほだかくんに土下座するっていう手はあるのかな。

わたしは、政党は仲良しサークルでもなんでもない(『血の結束』とか言ってる人もいるけどwww)んだから、仲悪い人いたって、一緒に仕事出来るでしょ?って思ってます。

虎之助おじいちゃまも苦言を呈していらっしゃった↓けれども、最近の政治家は好き嫌いで動きすぎ(特に民進党)だと思うなぁ。

konsabashufu.hatenablog.com

虎之助おじいちゃまが心配していた

自民党に近づきすぎると飲み込まれる

が実際に起こってしまった選挙だったのではないかと思います。

 

余談ですが、わたしは、丸山穂高議員は50%の確率で離党せずに残ると思っています(首班指名は『片山虎之助』だったし)。

が、もし離党された場合、わたしは日本の未来の為に、維新は必要だと思うし、離党したほだかくんよりは断然維新を支持します。

足立さんが嘘つきでも保身第一でも別に糾弾しないけど、維新の原点(行政改革)を忘れたらもう支持しない。

政党を支持するというのはファンクラブとは違うんだってことがよく分かる騒動だったなぁと思います。