コンサバ主婦のひまつぶし

国際関係とか動画の感想とか。

江崎道朗先生に首がもげるほど頷く。(2017/7/17 江崎道朗のネットブリーフィング)

忙しくてなかなか更新出来てませんが、今日はざっくり動画の感想でも。。

このエントリー↓でもご紹介した、チャンネルくららの『江崎道朗のネットブリーフィング』 からです。

konsabashufu.hatenablog.com

いみじくも上記エントリーで触れた

経済政策がちゃんと出来ない(これでいいと思ってる)なら安倍さんじゃなくていい。

 という部分と

正直ヨーロッパ勢からはG7に日本いなくて良いって思われてると思いますよ。

「中国に入れ替えた方が良いんじゃね?」

って。

それもこれも日本経済が駄目なせい。

ATM要員にお金がなかったら追い出されるのは当たり前😭

という部分と同じことをおっしゃっていました。

 

続きを読む

サウジは日本の明日は我が身🇰🇵イラン合意は北朝鮮でも起こる🇰🇵(カタール危機番外編)

常々日本のタカ派や危機を煽ってテレビ出演を増やしたい某朝鮮専門家たちが

「核実験したら軍事攻撃ある!!!」

「アメリカは北朝鮮に核は持たせない!!!」

とか言ってるのを見て

「何言ってるんだろ???」

「まさか本気で言ってないでしょ???商売乙」

って思ってるクチなんですが、この文書↓を見て流石に怖くなりました。

f:id:konsabashufu:20170713093127j:image

これは、38人の退役将軍たちがトランプ大統領に向けて書いた手紙です。

曰く、

退役軍人として、アメリカや他の大国とイランの間で交渉されたイラン核合意は、国際協定によってイランの核開発の道を妨害し、アメリカや同盟国の安全保障を強めるものであり、ここに我々から強く支持を表明する

イランはああ見えて割とまともな国なので(少なくとも拉致外交をしたり国家ぐるみでサイバー銀行強盗したりはしない)合意は履行されると思いますので、核開発の道は遠のくでしょうし、そのことに異論はありません。

ここで特筆すべきなのは

国際協定によって

の部分。

同盟国にとって脅威と対峙する主体であるべきアメリカ🇺🇸が、脅威と対峙する主体を国際協定に置き換えたということ。しかもそれが退役将軍38人という、米軍の上層部の共通認識であるということ。そして何より、米軍の対決姿勢からの撤退を、

「同盟国の安全保障に寄与する」

として同盟国に受け入れさせるということ。

アメリカ・ファーストというのは安全保障にとっては

「アメリカ国内で戦争をしない。それがアメリカにとっての平和。これが平和。この平和が同盟国にとっても平和なのだ

という三段論法の押し付けになるわけ。

(これはこれで国内判断としては正しいと思うけど。)

 

これは日本人として憂慮すべきだし、中東で起こったことは必ず日本でも起こります。

 

アメリカの飛び地とも言えるイスラエル擁する中東で天敵イランと妥協したアメリカが、北朝鮮と妥協しないわけがない

続きを読む

イランに睨まれたカエル、クウェートとオマーン(カタール危機⑦-2)

断交四カ国からカタールへの13箇条の要求の最後通牒の10日+48時間の延長を含めた回答期限がすぎました。

www.aljazeera.com

カタールの首長の親書がムハンマド外相(別エントリー参照)によってクウェートの首長に渡されました。

www.nikkei.com

仲裁国クェートの提案で回答期限延長をした(サウジ・UAEへの事実上の助け舟)らしいのですが、正直、48時間延長する意味があったのか???との疑問を免れない。。

というのも、どう考えても断交四カ国には、強気のカタールからのゼロ回答に対応出来るだけの知恵も力もないから。。

konsabashufu.hatenablog.com

最後通牒を出した四カ国はカタールと断交しているので、回答を直接渡すことができません。

そこで、仲介役を勤めたのはこちら、クウェートのサバハ首長(Sabah Al-Ahmad Al-Jaber Al-Sabah - Wikipedia)殿下。f:id:konsabashufu:20170703211319j:plain

こちらはオバマ大統領、カタールのタミーム首長、オマーン(柄物のターバンはオマーンの特徴)のファハド副首相と。小柄なお爺ちゃま。なんと、1929年生まれで当年取って88歳。湾岸一の高齢元首です。

f:id:konsabashufu:20170704160134j:plain

 

こんな可愛いお爺ちゃん首長に降ってわいた災難が例のカタール断交。

勃発当初から自家用ジェットでフルスロットル✈️でした。

今日はこの首長が仲介者となった背景について(憶測も交えて)書きます。

 

続きを読む

言葉が通じ合うことの恐ろしさ。アラブのネトウヨ事情。

Twitter上でカタール人とカタール断交サイドのバトルが繰り広げられていたのでご報告致します。

カタール断交サイドのTwitterヘッダーはバーレーンとサウジとUAEの国旗に兵隊さん。

f:id:konsabashufu:20170705000838j:image

ガチの軍隊のスナップみたいなので、Peninsula Shield Forceというやつかもしれません。

アラブのネトウヨは結構ガチできな臭いので笑えない😱

 

続きを読む

あくまで強気のカタール、ムハンマド外相(カタール危機⑦-1)

6月23日にサウジ・UAE・エジプト・バーレーンカタールに突きつけた最後通牒の回答期限が7月2日の日曜日に来ましたが、カタールの外相はこの調子でした。

 

f:id:konsabashufu:20170703164357j:plain

ムハンマド外相「飲むわけねーだろバァロォ😛」

訪問先のイタリアで、7月1日期限を前に、

「断る!」

の一言の元に一蹴。

www.aljazeera.com

 

続きを読む

ネトウヨに担ぎ上げられて慢心する安倍政権はもう終わり。

日本では東京都議選があって自民党があり得ないくらい大敗したらしいですね。

 

かなり愚痴っぽいのでそういうの嫌いな人は読まないでください。

 

続きを読む

吹っ切れたエルドアンとシリア騒乱の行方。

ロシア・イラン・トルコの三者がカザフスタンのアスタナでシリアの今後について話し合う、アスタナ会議。5回目の協議が目前に迫ってきました。

www.trt.net.tr

確か、2016年12月に反体制派が支配していた自由都市アレッポが陥落し、12月19日に在トルコロシア大使が暗殺されたことを受けて開催が決定されたと記憶しています。

www.newsweekjapan.jp

第1回はトランプ大統領の就任直後に開催され、主旨としては

「アメリカが今更口出したって知るか😜シリアのことはこの三カ国で片をつけような😜

という合意がされたと認識しております。

www.trt.net.tr

この時点ではトルコ(とトルコが支援するシリアの反政府武装勢力)は相当劣勢でした。が、最近エルドアンさんがやる気出してるのかどんどん攻勢を強めています。

www.reuters.com

アメリカが支援するクルド人武装勢力SDF(シリア民主軍)はイコールYPGの筈なのに、トルコがYPGを攻撃???ナンノコッチャ???ってなりますよね。

 

続きを読む